トップページへ

エストリッヒ・レンヒェン リースリング・シュペートレーゼ [2006] (ペーター・ヤコブ・キューン) Oestrich Lenchen Riesling Spaetlese [2006] (Peter Jakob Kuehn) 【ドイツ】【やや甘口】【白 ワイン】

   

 


 

 


ペーター・ヤコブ・キューン家は、1786年から11代にわたってワイン造りをしています。

現在エストリッヒ ドースベルクとレンヒェンに15haの畑を所有しています。

それぞれの土壌の個性からか、ドースベルクは見事な辛口が、レンヒェンからは残糖のあるワインが出来ます。

樹齢は古いものは50年の物があり、病気や害虫に対しては出来るだけ有機的な対処をしています。

果実味あふれる香り、葡萄の持つ風味を保ち、甘さと酸の上質なバランスを取ることを目指しています。

しっかりと甘みがあり、酸の切れがあります。

並みの生産者のアウスレーゼに匹敵する糖度を持った、貫禄十分のシュペートレーゼです。

■Information 国 ドイツ 産地 ラインガウ(Rheingau)地域 /ヨハニスベルク(Rheingau)地区、エストリッヒ( Oestrich Winkel) ブドウ品種 リースリング 100%  タイプ 白・やや甘口・ミディアムボディ アルコール:8.2%、残糖:73.8g/L、酸:7.6g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。

WeingutPeter Jakob Kuehnペーター・ヤコブ・キューン醸造所 ゴーミヨガイドでも注目される、銘醸畑エストリッヒの上位生産者! ペーター ヤコブ キューン家は、1786年から11代に渡ってワイン造りをしています。

現在エストリッヒ ドースベルクとレンヒェンに15haの畑を所有しています。

それぞれの土壌の個性からか、ドースベルクは見事な辛口が、レンヒェンからは残糖のあるワインが出来ます。

樹齢は古いものは50年のものがあり、83%がリースリング、17%はシュペートブルグンダーが植えられています。

病気や害虫に対しては出来るだけ有機的な対処をしています。

造られるワインの多くは辛口仕立てで(1996年は約80%)、Q.b.A.やカビネットクラスのワインの品質を最も大事にし、力を注いでいます。

果実味あふれる香り、ブドウの持つ風味を保ち、甘さと酸の上質なバランスを取ることを目指しています。

ドイツの「DER WEINSCHMECKERT」や「ALLES UBER WEIN」等の雑誌で、ヴァイルやキュンストラー等と共に高い評価を得ています。

また、720の生産者と7,000種類のワインが掲載された「EICHELMANN DEUTSCHLANDS WEIN」では、最高評価の5ッ星評価を既に4回得るなど、いま注目の生産者です。

また、ヒュー ジョンソンの「ポケットワインブック」で、エストリッヒの上位生産者として評価されています。

彼のワインに多く見られるワインシュタイン(酒石)については、 「ワインシュタインが出ることは非常にいいことだと考えています。

それは冷却処理をしないワインの自然な状態の証だし、テロワの特性を表現する大事なミネラル分だからです。

ワインの精神は冷却すると死んでしまう。

」とおっしゃっていました。

人工酵母を使わず自然の酵母だけで全ての発酵を終えることが出来、それだけに畑ごとのキャラクターやスタイルがワインに充分反映されているそうです。

「ゴーミヨドイツワインガイド2010」で3房/《注目生産者》。

V.D.P.のメンバーでもあります。

  • 商品価格:5,985円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)

楽天で購入

トップページへ


TOP